Introduce
企業導入のおすすめ

なぜ、今、「夢」のマネジメントが必要なのか?


昨今の『働き方改革』は、労働者の健康・安全・福利厚生の観点から法整備がなされ、個人事情の多様化に合わせた労働者を働きやすくするための労働環境整備は加速しています。

これに反して、働く人々は、『働きがい』を見出すことができず、仕事や会社、一緒に働く人間にも愛着がもてなくなってきているのではないでしょうか。

そして、職場に蔓延する士気の低下やチーム力の低下が、モラルや効率、生産性、安定的成長、顧客サービスをはじめ、会社の収益に何らかの悪影響を及ぼしています。さらには、転職や離職に対する心理的敷居は低下し続け、転職者数も増加し続けている今、主体的かつ積極的にアントレプレナーシップを発揮して、仕事をマネジメントする人材がどんどん減少している傾向にあります。

こうした時代に、どのように人材を確保し、マネジメントして行けばよいのでしょうか。

そもそも、なぜここまで士気が低下しているのでしょうか?

それは、働く人々が、承認、成長、貢献等の欲求が満たされないことから端を発し、自分がしている仕事にやりがいを感じず、さらには未来が見出せないこと。結果優先の社会構造によって効果効率性ばかりを求めるあまり、人と人との関わり合い、つまりコミュニケーションというプロセスを大幅に省略したことによって、人と人とが志を合わせ、思いを合わせ、時には支え合いながら共に目的地を目指そうといった協働意識が欠乏し、「形だけの集団への所属」によって、かえって孤立意識が高まる結果に陥っているからではないでしょうか。

こうした現状を打破するスキームこそ「ドリームマネージャー」です。どんな小さな夢でも、人はそれを追い求めることによってゴールを設定し、努力し、達成する一連のスキルを身につけていきます。

さらに重要なことは、一度夢を叶えた人は、もっと多くの夢を叶えたいという願望が沸き起こります。

個人の夢に向かう情熱がかきたてられたとき、それがやがて溢れ出して組織の夢へと注がれます。

職場の会話の中で、社員が夢について語りはじめ、互助精神が生まれてくる。

「彼の夢のためにできることは何だろう?」「彼女の夢をどうやって手伝おうか」と協力しようという気持ちが芽生える。ここに特別な親近感が形成され、活力の高いチームスピリットが生み出されます。

チームの夢の実現に一役買えた時の満足感は貢献欲求を満たし、協力しあうチームと、活気にあふれた環境と驚くべき結果を手にする。正に、全員参加型のチームを創造することができます。

Make Your Dream Come True

「夢」を持ち、叶えようとすることで、人にはどんな力が備わるのか?


  • ❶ 論理的思考
  • ❷ PDCA問題解決力=経験学習
  • ❸ タイムマネジメント
  • ❹ KFS(Key Success Factor)、OKR(Objectives and Key Results)
  • ❺ 戦略的思考

こうしたスキルを培うために、企業は研修などを通じて社員に学ぶ機会を提供しているものの、それぞれが別々のロジックであるように受け止められ、実は密接に結びついていることを感じ得ず、リアリティーに欠けることから、研修を実施したところで、こうしたスキルを培うことは容易ではありません。

しかし、自らの夢を叶えるために試行錯誤し、行動計画を立てて実践し、成果を得るまでの間には、自然と必要なスキルが自然と備わってきます。

さらに、夢を実現する中で、

  • ❻ 自己肯定力が高まり
  • ❼ 自己駆動力が高まる
  • ❽ チャレンジする習慣が身につき
  • ❾ タブロイド思考からの脱却によって
  • ❿ アントレプレナーシップが発揮され始める

こうした個人のスキルが培われ、それがやがて溢れ出して組織の夢へと注がれ、職場の会話の中で、社員が会社の夢について語りはじめ、社員一人一人の試行錯誤と行動力、互助精神によって、業績が育まれてくると…

何ものにも変えがたい「働きがい」が得られます。

こうした善循環をマネジメントするのが、ドリームマネージャーの本質であります。

PDCA表

会社は経営計画書に、会社の夢である長期の事業計画を示します。それが現在まで行われてきた経営スタイルです。

しかし。これでは社員は会社の夢の実現に貢献するだけで、なかなか自分の夢が叶うこともなく一方通行で、夢を共有することもできませんでした。これに対し、弊社では社員にドリームマネージャー手帳を導入し夢への計画をしてもらいます。会社の夢と社員の夢の実現に向け、ドリームマネージャー実践マップを毎月実施していきます。

プロジェクトに基づき、日々の業務や生活を通しながら、しっかり夢を追っていきます。

まさに、会社と社員の両方の夢が叶っていきます。ドリームマネージャー導入により、他社との差別化がはかれ夢に対しての意識を強く突き進む仕組みが出来上がります。